消費者金融 審査

【消費者金融審査SAFE】審査に不安なら!→申込み前に見るサイト

消費者金融の審査の基準は?

『消費者金融に申し込みたいけど審査に通るかどうか…』
キャッシングの審査の基準は公表されていないので自分が審査に通るかどうかは申込んでみないとわかりません。
しかも審査に落ちた場合の理由も教えてもらえないので、不安を感じるのも普通にあり得ます。

 

消費者金融の審査基準とは?

過去に滞納があったかどうか
現在の借入が年収の1/3以内に収まっているか
申込み3ヵ月前に他社の審査に落ちていないか
安定した収入があるか

キャッシングは担保や保証人不要の信用貸しが基本なのでキチンと返済できるかどうかを一番重視しています。

 

申込みの際に年収を多くする・借入金額を少なくするなど嘘を付いても必ずバレます。
嘘を付く行為は信用を失う結果となりますので絶対にやめましょう!

知名度の高い消費者金融なら対応も良く審査もスピーディーです。
利用者の多い人気の消費者金融を紹介します!

人気の消費者金融はこちら

プロミス

125*125プロミスは申込者の立場に立って様々なサービスを展開しています。
中でも一番魅力的なのが無利息期間があることです。
借入金額を30日間無利息にしてもらえます。
1ヵ月間利息がタダになるのでお得に借りられます。
独自のポイントサービスもあり、メールを受け取るだけでポイントが貯まります。
貯まったポイントは無利息期間に何度でも交換できるので、ぜひポイントを貯めてお得に利用してください!

 

疑問のイラスト

 

実質年率

融資額

おすすめ

6.3%〜17.8% 1万円〜300万円 30日の無利息期間がある

 

 

モビット

125×125 静止バナーモビットは三井住友グループの一員で安心感のある消費者金融です。
モビットに申込む際に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人だけの特典としてWEB完結があります。
キャッシュカードで借りられる・在籍確認なし・利用明細郵送無など嬉しい条件がそろっています。
インターネットからの申し込み限定のサービスとなっているのでぜひネットから申し込んでください。

 

疑問のイラスト

 

実質年率

融資額

おすすめ

4.8%〜18.0% 1万円〜500万円 WEB完結が利用できる

 

 

アコム

アコムアコムは実績・知名度ともに抜群で人気のある消費者金融です。
借りられるかどうかを事前に判断することができるシステムがあり、たった3項目を入力するだけでわかります。
審査に不安があるなら申し込み前に利用してみてください。
提携ATMも多くセブンイレブンなどでも借入・返済ができるので急な入り用の時にも便利です。

 

疑問のイラスト

 

実質年率

融資額

おすすめ

4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 実績・知名度が高く安心して借りられる

他社借り入れがあると審査は通らない?

他のキャッシング会社ですでに借り入れをしているという方が新たに別のキャッシング会社の審査を受ける場合、絶対に審査に通らないということはありません。
ですが、通りにくくなることは事実です。

 

まず、他社借り入れが1?2件程度あり、全てを滞納せずにきちんと返済できていれば問題ないのですが、過去に滞納がある場合などは新たに借り入れても結局返済が滞るのでは?と判断されてしまいますので、審査に通ることは難しいでしょう。

 

そして他社借り入れが既に3件以上あるという場合も、基本的に審査に通ることはできません。
これもやはり、返済が難しいと判断されるためです。

 

仮に審査に通ることができたとしても、返済額も返済日もバラバラな4社からの借り入れを返済するのは容易ではないはずですし、何より月々の返済額が更に増えることになるのです。

 

どうしても審査に通りたいと、他社からの借り入れを申告しないというケースもあるようですが、キャッシング会社は過去の履歴などを全て調べますので、必ず知られることになります。
嘘をついている人に融資をする会社など、まずありません。

 

既に他社で複数借り入れているという方は、自分自身を苦しめないためにも、まずはそちらの返済に専念することをオススメします。

勤続年数は大事?

キャッシング審査というのは、様々な事柄を総合して判断するものです。
その中のひとつに勤続年数があります。

 

勤続年数が何年以上でないと絶対に融資できないというような決まりはないのですが、希望額を借り入れる為には、一般的に最低6ヶ月以上は必要と考えられているようです。

 

勤続年数というのは、やはり信用の大きさにも繋がってきますよね。
最近は転職される方も非常に多いですし、決して勤続年数が短い方は信用できないということではありません。

 

ただ一般的に考えると、勤続年数が長いということは収入も安定していて信頼できると判断されやすいということなのですね。

 

もちろん勤続年数が長ければそれだけで審査に通ることができるか?と言えばそうでは無いですし、勤続年数が短いから絶対に審査に通ることはできないか?と言えば、そうではありません。

 

あくまで勤続年数に関しての目安というもので、その他様々な内容を審査した上で、返済能力があるかどうかを判断されるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ